クラウド型の介護ソフトのメリット

img1-1

介護ソフトには自分でハードウェアを用意し構築して使用するものと、予めサービスとして構築されている物を利用するものがあります。


後者は主にクラウド型と呼ばれ、導入費用が安く少人数でも利用出来るというメリットがあるとされていますが、そのメリットはそれだけではありません。



一つはケアマネージャーが作成しなければならないケアプランと呼ばれる介護サービスの計画のサンプルが非常に入手しやすい点があります。



一般的にケアプランはサービスを受ける人の等級によりそのひな形がある程度決まっているものですが、施設により提供できるサービスが異なる為最適なケアプランを作成するのは非常に時間が掛かるものです。

クラウド型の介護ソフトでは最適なひな形を用意しサービスを受ける人の等級に合わせて選ぶことが出来る上、そのひな形を自らのデータとして取り込むことも簡単に出来るため作成の時間が大幅に短縮できるメリットがあります。



さらにクラウド型の介護ソフトに於いては、インターネットを利用するのでどの場所からでもインターネットが接続できれば利用出来るというメリットがあります。


一般的に自分で構築する場合には専用のパソコンなどが有る場所でないと利用出来ないため、複数の人が同時に作業を行う事は難しいのですが、サービスを行う担当者とケアマネージャーが同時に利用したり、また忙しい場合には移動中にスマートホンから利用出来るといったメリットも有る為、作業効率が高まる点も大きな魅力です。

IT入門

img2-1

介護ソフトウェアというのは、カルテの記録を入力したり、各種スケジュールなどの情報共有をしたり、介護者の状態を記録して素早く対応したりして業務効率を上げるために使用します。格業務ごとに用意されており、自分が提供してるサービス業務区分によって使用するのが基本です。...

more

知りたいIT事情

img3-1

介護業務を効率的に行うためにはソフトを導入するのが非常に良い方法です。しかし単に導入すればよいというものではなく、業務を効率化できるような導入方法をしっかりと認識し適切に導入することが非常に重要となります。...

more

ITの重要知識

img4-1

介護ソフトを利用するメリットですが、まず日常業務の軽減化が挙げられます。事業所においては人手不足であり、日々の業務に時間を割かれるばかりで、利用者に対してのサービス提供が疎かになってしまうと言うことも少なくないかもしれません。...

more

ITについて思うこと

img5-1

介護業務は様々な業務が複雑に入り組んでいる仕事です。介護サービスを受ける人の等級に合わせたサービスの計画を作成し、その計画に合わせて実際のサービスを行い、その実行の記録と請求書を作成して保険支払機関に送付するという一連の作業が遅滞なく行われなければなりません。...

more
top