介護ソフトウェアを導入するメリット

subpage-img

介護ソフトウェアというのは、カルテの記録を入力したり、各種スケジュールなどの情報共有をしたり、介護者の状態を記録して素早く対応したりして業務効率を上げるために使用します。
格業務ごとに用意されており、自分が提供してるサービス業務区分によって使用するのが基本です。
使用例としては、訪問介護業務の場合、スケジュール管理ソフトなどを利用して、いつ訪問したか、されたかなどが記録できたりします。



このソフトウェアを開発している企業は数多くあって、使い勝手や価格特徴などを見て決めます。


他にも無料体験期間を実施してる企業も多いのでフォロー体制などきちんとしてる所を探すのがベストです。
他にもパッケージソフト型、ASP型などでも決めたりします。
前者は高機能で中事業所から大事業所向けでですが、メーカーごとに機能や価格体系など、かなりの違いがあります。



後者は機能を比較的絞り込んだ、小規模向けの事業所向けです。
基本的には色んなシステムがあるので、自分が介護事業を展開していて、どの種類でどんなシステムが使えるのかで商品を選ぶことも必要です。介護ソフトウェアを導入する一番のメリットは、体温やバイタルチェックなどの記録などもでき、一度でもパソコンやモバイル端末などに入力するとデータが保存されます。



なので、色んなデータを見るときに素早く対応できるということにあります。

検索結果も比較的スムーズなので、カルテなどの資料を探す手間などが省けることもメリットの1つです。

top